otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン前州首相 ブリュッセル演説会で欧州首脳にクーデター協力者と呼ぶ

|

州政府にスペイン憲法155条適用されてからベルギーに逃亡したカルラス・プッチダモン前州首相は、カタルーニャ全土の基礎自治体の役人200名が参加したブリュッセルで行われた独立推進派の演説会にて、欧州委員会委員長のジャン=クロード・ユンケル氏や欧州議会議長のアントニオ・タヤーニ氏に向けたメッセージで、「12月21日のカタルーニャ州選挙結果を欧州が認めるか、あるいはマリアノ・ラホイ首相が実行しているクーデターに協力し続けるか?これが理想の欧州連合か?」と挑戦的に問いかけた。


スペイン中の市長、町長など役人は、就任の際に権限のシンボルとして「杖」を渡されるが、今回の演説会に参加した200名がそれを持参し、「州首相」や「自由」を大声で歓声しながらかざした: 



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。