otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン前州首相たち 11月17日ベルギー司法当局に出廷

|

11月5日、一方的的な独立宣言を行い、司法から逃げるためブリュッセルに渡航したカタルーニャのプッチダモン前州首相州政府元幹部ら4名ベルギー警察に出頭した。判事に聴取されたが、スペイン全国管区裁判所から発付された欧州逮捕状を執行するか判断するまで許可なき国外移動を禁止されたものの、一旦釈放


Puigdemont fiscalia

*11月5日、ベルギー検察当局外から見られるプッチダモン氏。写真はAFPのNicolas Maeterlinck氏から


今度は11月17日、午後2時に出廷すると発表された。プッチダモン氏たちの証言を聞く裁判官は後日、仮に送還すると判決しても意義を申し立てる姿勢でいる元州政権は、最終執行を2,3ヶ月も長引かせると見られている。


また、欧州加盟国であるベルギーの司法当局は、容疑者たちがスペイン本国で公平な裁判を受けられないと判断すれば、欧州逮捕状の執行を拒否できる。これに加えて、ベルギー法律上では容疑者がスペイン検察局に問われている国家に対する反逆罪反政府扇動罪に該当する罪状がないため、逮捕状の執行を有効にできるのは、公金横領罪しかない模様。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。