otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」R・マドリード 英国で辛辣な敗北を味わう

|

今年初めてリーガ・エスパニョーラの1部リーグ(プリメラ・ディビシオン)に昇格を成し遂げたジローナFCの前に破られたスペイン首都代表レアル・マドリードは厳しい時期を経験している。ロンドンに位置する由緒のあるウェンブリースタジアムで行われた欧州CL第4節、対トッテナム・ホットスパーFC試合の折り、3-1で負けた「銀河系軍団」は立て続けに辛い敗北を味わう。


相手の守備の隙を的確に突き、迎撃に出るトッテナムは27分にMFデレ・アリ選手が開幕点を決めた事で、普段の高レベルプレイを発揮しなかったR・マドリードが一時的に反応したものの、後半で同デレ・アリ選手とクリスティアン・エリクセン選手が更なる追加点を入れる。


終盤にジダン監督率いる欧州強豪は試合終了10分前、FWクリスティアーノ・ロナウド選手が1得点の差を迫るものの、結果を覆すには叶わず。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。