otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン元州首相 155条を認めず、「民主的対立」を求む

|

スペイン中央政府が州の自治権を制御できる憲法155条の適用を公表した翌日、10月28日にカタルーニャのプッチダモン元州首相は現地テレビ局TV3が放送した、地元ジローナで予め録画されたビデオを通じて、州首相として解任されても、武力に頼らない「民主的対立」を呼びかけた。



一方的な独立宣言を確立させた州議会議員でもあった元州首相によると、中央政府が実行させた対処法は「投票を以て決められた州民の意思と一致しない」と述べ、依然として務め続ける他、「カタルーニャ州首相を解任させるのは州議会のみ」とも指摘した。


これに対して、中央政府は解任された州政府幹部は勤務し続ける場合は「公務員職権剥奪罪」に問われると発表した。

「更新」プッチダモン州首相幹部ら罷免、 州議会解散され12月21日に州選挙と発表

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。