otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「更新」プッチダモン州首相幹部ら罷免、 州議会解散され12月21日に州選挙と発表

|

スペイン国会上院カタルーニャ州議会が一方的な独立宣言を可決した後、憲法155条適用の採決を行い、上院議員262名が参加した表決は賛成214票、反対47票、棄権1名の結果で終わった。主勢力となる国民党(PP)、社会労働党(PSOE)と市民党(Ciudadanos)の団結により、可決は前から確実と見られていた。


Rajoy senate*スペイン上院でマリアノ・ラホイ首相が語る



首相は、憲法155条の適用がプッチダモン州首相に与えられた独立プロジェクトを説明する機会を却下した事実に起因すると言う。違憲の住民投票への呼びかけ独立法が州議会で可決された際に適用しなかったのは「まだ事態は普通の状態に戻れる可能性があった」と思われた為。 


中央政権は臨時閣僚会議を開き、今晩8時20分にモンクロア(首相官邸)からマリアノ・ラホイ首相がメッセージを報道した:



プッチダモン州首相並びジュンケラス副州首相、及び他州政府幹部らを罷免する。代わりに該当する関係各省が担当となる。更に、州議会を解散させ、12月21日(木)に州選挙を公表した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。