otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ大学集団 学生のデモ参加率が減少

|

10月26日、一方的な独立宣言及び収監された独立推進派オムニウム・クルトゥラール政党のジョルディ・クイシャール代表(Jordi Cuixart)とカタルーニャ国民会議(ANC)のジョルディ・サンチェス代表(Jordi Sanchez)の自由を求めるデモに参加した学生たちは以前の勢力を失っている模様。

Estudiantes mani

*バルセロナ大学(UB)の前に集まる学生たち

朝12時半、プラサ・ウニベルシタ(大学広場)からデモが行進し始めたが、直前の演説で違憲の住民投票の結果の有効性共和国宣言を訴えた学生たちは、バルセロナ市営警察(Guardia Urbana)の情報によると、約9000人に上ったと報道し、一方Universitats per la republica(共和国のため大学集団)が20,000人が集結したと言う。


同集団のジョルディ・ビベス代表は今朝、まだ州選挙を発表する可能性が検討された頃、プッチダモン州首相にカタルーニャ共和国の宣言を要求し、中央政府の自治力を制限する憲法155条の適用過程も非難した。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。