otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ソラヤ副首相 「史上最強のカタルーニャを台無しにされている」

|

プッチダモン州知事が10月26日、午後5時に 州選挙しない意思を伝えた後、かすれ声をしていたスペイン中央政府のソラヤ・サエンス・デ・サンタマリア副首相は155条の適用採決を27日に行おうとしているスペイン上院議員の前で、「独立派は相談するつもりはないと証明している。我々はどこよりもカタルーニャを訪問してきたが、「住民投票」の確固たる一択しかもらえなかった」と残念がる。


Soraya3

*26日、スペイン上院でソラヤ・サエンス副首相。写真はEFEのFernando Villar氏から


また、1月17日のスペイン州首脳会議、ラホイ首相から州の経済企画を説明するためスペイン下院への招聘も却下したプッチダモン州知事のあらゆる機会に対する欠席の姿勢に念を押したソラヤ副首相は、今回も与えられたチャンスを無駄にされた事を強調する。ラホイ政権2番手は加えて、憲法155条の適用の目的は「正常下で行われる中立的な選挙の実行」と改めて述べる。「史上最強のカタルーニャを台無しにされている」とも指摘した。以前の理由により、深刻な事態に取り掛かるため、国は行動する権利があると言い残す。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。