otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン州首相 州選挙せず、155条対処法は州議会に委ねる

|

Govern

*州政府(ジャナラリター)庁舎から述べるカルラス・プッチダモン州首相。写真は州政府のサイトから



10月26日の朝、プッチダモン州首相は州議会解散し、選挙を発表する雰囲気が漂っていたが、けっきょく現地時間午後5時にて、州政府庁舎から次の様に述べた「州選挙の発表を検討した。州首相として、政治的な問題を解決するため、あらゆる方法を尽くすのは私の義務だった。(155条は)法外にある権力乱用で、不公平な適用は認められない。10月1日(住民投票)の際に敗北を見た国の復讐を懐く意向は隠しきれない。この時点で、対処法は州議会に委ねる。しかし、誰もがカタルーニャの相談に向けた姿勢は否定できまい。責任は我々に問われるばかりで、向こうは無責任を貫こうとしている」。州議会議員は本日午後6時から会議を開くが、スペイン上院が155条採決を行う明日にも続く見込み。カタルーニャ語だけど、州首相のビデオもこちらに:




2 コメント

1

州知事が述べた全文の翻訳ではありません。

によって書かれた Pressdigital 17年10月27日16時55分
2

日本語の翻訳がよくないと思うのですが…

によって書かれた nmk 17年10月27日15時09分

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。