otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン州首相 スペイン上院で弁明するか検討中

|

スペインの マリアノ・ラホイ首相は、野党側のPSOE(社会労働党)やCiudadanos(市民党)とまで手を組み、カタルーニャ州を憲法・法律下に連れ戻すため、自治権を制御する憲法155条の適用許可をスペイン上院に上訴する。今週27日(金)に判決が下される前に、州首相が直接国会に出席して弁明するか検討している模様。


Puigdemont smartphone

*プッチダモン州首相の考えは一体?


先週土曜日に、 臨時閣僚会議で承認された憲法155条を巡る詳しい措置

に最終的な許可を与える役割を持つスペイン上院のペドロ・サンス上院副議長の言葉では、プッチダモン州首相が弁明しに来れば「光栄」だとコメントした。普段、弁明できる時間帯は26日の午後5時に限られたはずなのだが、ピオ・ガルシア=エスクデーロ上院議長は金曜日に予定されている本会議への参加権も与える

しかし、 独立推進政党Junts pel SiとCUPは既に州議会内で2日間にわたる会議を行う提案を提唱し、一方的な独立宣言の可能性もゼロではない


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。