otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」スペイン国祭日 毎年恒例の軍事パレードで一際高い愛国心

|

スペイン国祭日、「イスパニアの日」を記念に、フェリペ6世国王レティシア王妃は毎年恒例の軍事パレードを主宰した。カタルーニャのプッチダモン州知事が10月10日(火)に独立を確定した直後、効力を停止したを含む激しい独立運動が起きている現状を背景に、参加した政治代表らが団結の意思を示すと同時に、パレードの観衆から例年より一際高い愛国心も感じられた。今年のスローガンである「Orgullosos de ser españoles」(スペイン人であることを誇りに思う)は、その感情の片鱗を垣間見せる

Desfile 12O

*中央で敬礼するフェリペ国王。左手側にレティシア王妃、右手側に娘のレオノール王女とソフィア王女

ワシントン訪問中の経済大臣を除いて、中央政府からなる大臣や重要国家公務員、大半の政治指導者は、軍人約4000兵治安警備隊及び国家警察のマドリード・カステリャーナ通りを行進する姿を見物した。


また式典では、8月中に起きたバルセロナのテロ事件の被害者を追悼する行事も用意された。以下のビデオで確認できる。なお、大変長いものの、こちらの方ではパレードの全貌も。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。