otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「更新」カタルーニャ州に本部を置く会社 既に800社以上スペイン本土に移転する

|

住民投票が開催されてから、カタルーニャで不安な空気漂う今では、州に本部を置く会社、銀行の数々はスペイン本土に移る動きを実行している。サバデイ銀行とラ・カイシャ銀行で始まったが、企業は絶え間なく続々と住所登録変更を行っている。


Planeta edificio


*ディアゴナル通りに本部のあるPlaneta出版社も移転すると決定



10月10日、プッチダモン州首相は、「会社の住所登録の動きは一州民の経済状況に影響を与えない」と主張したが、既に中小企業・大手企業も含めて、805社が引っ越し、その企業価値はカタルーニャ州内総生産の40%に匹敵する。しかし専門アナリストによると、当時独立運動も激しくなったカナダのケベックでも起きた様に、特に深刻なのは会社が帰らない可能性が高いということ。公表では「未定」の間にカタルーニャから撤退するとは言え、「安定した3、5年間ぐらいが経たないと、会社が帰還するとは思わない」と、世界トップランクのMBAビジネススクールであるESADEのフアン・イグナシオ・サンス教諭がエル・パイス紙に意見を述べる

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。