otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「更新」カタルーニャ州政府 火曜日でも独立宣言の所存

|

スペイン北東に位置するカタルーニャの州政府は、違憲とみなされた10月1日の住民投票の結果に続いて、来週の火曜日でも独立宣言を行うつもりでいながら、若い欧州連合(EU)の民主主義基盤の破裂を脅かす事態に近づかせる。


スペイン国の憲法に違反した催しは、投票可能カタルーニャ人の中、約42%が参加した。そのうち、89%が独立賛成票。有権者50%も満たない結果に基づき、カルラス・プッチダモン州首相は州議会で一方的な独立宣言の準備に取りかかる。

ヨーロッパで1番売れている新聞で、世界でも6番目にあるドイツの「Bild」紙とのインタビューで、プッチダモン氏は既に「何百万人が重要な決断を下した、自由な国の大統領の様に感じる」と語った。

Puigdemont bild

*写真はBild紙のサイトから

また、スペインのフェリペ国王がスピーチを放送した前、英BBCに向かって「週末頃に海外からの票を獲得すれば、48時間以内に行動する」と述べた。 



カタルーニャの投票結果発表 しかし有効性は・・・
フェリペ国王 カタルーニャ現状についてスペイン全国民へスピーチを

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。