otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」バルサのG・ピケ選手、涙ぐむ 「最悪の経験だった」

|

住民投票の同日、カタルーニャ全土の所々で投票所の封鎖や資材押収が行われていた中、FCバルセロナは観客無しのカンプ・ノウでラス・パルマスと対面した。3-0で優勝したバルサだが、クラブ在籍のDFジェラール・ピケ選手にとって結果は重要ではなかったと伺える。

試合後、記者団の取材を受けていた選手は涙ぐんで、州で起きていた国家警察からの暴力的な行動を悲しく語り、「プロとして、最悪の経験だった」と述べ、辞表を出したビジャルビ副会長と同じく、今日は試合を行う場合ではない意見を持っていた。ピケ選手は前から独立賛成という立場をはっきり示していないものの、彼が州民の意思を反映する投票を希望していた。

更に、スペイン代表でもある選手は「もし(自分が)邪魔だったら、降りても構わない」と言い残し、代表としての存続が懸念される。



FCバルセロナ副会長辞表を出す 理由は投票当日の試合開催

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。