otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

州政府、安っぽい中国製の投票箱を遂に公表する!

|

近日、マドリード中央政府、及び裁判所から投票をやめさせる圧力を受けたにも関わらず、州政府のスポークスマンであるジョルディ・トゥルーイ氏は、住民投票を主題にしたコンベンションで記者団に対し、6300の投票所の設置、及び7235人のボランティアの助力で、投票の実行を保証するという。また本日も突然に、利用する投票箱を遂に公表した。正面に州政府の紋章が印刷している不透明のプラスチック製容器となっている:

Urnas referendum


*今回の住民投票に使われる投票箱。写真はTwitterから

製造元は中国南部、広州に本部を置く「Smart Dragon」株式会社。中国企業の営業担当者であるSally Liang氏によると、同社は最近、投票箱1万個をフランスにも発送したという。 また、オーストラリア、チャド、ガーナ、ナイジェリアなどの国々に、2008年から提供してきている。注文数によって変わるが、1個につき4~7ユーロ(530~930円)の値段になる。Smart Dragon社は中国ネット通販最大手のアリババ集団のサイトを経営して物品を販売している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。