otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州大手LCC・ライアンエアー航空 問題相次ぎ、多くの便キャンセルが続く

|

ヨーロッパ最大の格安航空会社(LCC)、アイルランド国籍のライアンエアー。夏中に無計画で多数のパイロットに休暇を与えたことによりダイヤが狂い、数日前から定期便13万便の中、およそ2000便の予約がキャンセルされた。そのうち、約560便がスペイン発だった。

Ryanair

*ライアンエアー航空が運営する飛行機


しかし、本日の発表によると、2017年11月~2018年3月までの間にも、予定されていた定期便予約を多くキャンセルし続けるという。これらは40万人以上に影響を与えている見込み。 スペインのイーニゴ・デ・ラ・セルナ勧業大臣は、ライアンエアー航空に対して告訴を起こすつもりで、450万ユーロの罰金が科される可能性を示唆した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。