otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マラガ小学校 給食係は欠勤し、学校は生徒320人分のバリューセットを注文

|

アンダルシア州・マラガにある「Virgen del Carmen小学校」は普段、給食係1人とアシスタント2人で、生徒320人分の食事担当になっているが、9月14日にその内2人が欠勤となり、残されたアシスタント1人が児童全人の食事を用意できないとわかり、学校側は仕方なくファストフードチェーンの「バーガーキング」に大量のバリューセットを注文した。合計で約1200ユーロ(約15万8000円)の出費となった。


Burger 1

*バーガーを喜んで食べる児童たち。写真はABC紙から

また、学校側によると、この様な急事は初めて起きたわけではなく、去年は2回もピザ屋に大量の注文をする羽目になったという。幾人かの親は、「子供たちは喜んでいたものの、こんな給食のためにコメドール代*を支払ってはいない」とコメントした。


*スペイン大半の小学校では、授業は17時に終わるが、昼あたりに2時間の休憩がある。学校の近くに住む子供は一時帰宅できるものの、そうできない子供はコメドール制度(給食サービス)に加入せざるを得ない。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。