otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ郊外のジローナ県で児童2人はコカイン摂取と判明

|

バルセロナ郊外のジローナ県、カッサ・デ・ラ・セルバ基礎自治体では、5歳と7歳児二人コカイン中毒症状を表したことにより、同県の病院に搬送された。両親がコカインを目に見えるところに置き、子供らが不本意ながら摂取した模様。


Hospital cocaina 1

*子供らが入院されたJosep Trueta病院。写真はACNのMarina Lopez氏から


「Mossos d'Esquadra」州警察は既にスペイン出身の母親(29)を逮捕した。事件の発覚は、子供連れの母親が地元のバルを訪れていた際、奇妙な態度や仕草を見せた二人の様子を疑わしく思ったオーナーが救急車を呼ぶ。数分後到着したグループはその場で診察を行うが、詳しい検査が必要と見込み、病院に搬送するべきと判断。36時間にわたる観察が続けられた後で、薬物の残留は身体から消えたと確認したら、29日の朝に退院した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。