otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナはR・マドリードを打ち破り、米国が舞台のICCを制覇!

|

7月29日(土)、フロリダ州・マイアミ、アメリカで初となる「エル・クラシコ」ことFCバルセロナ対レアル・マドリード試合が開催された。試合自体は欧州強豪チームが参加するインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のエキシビション・マッチ。



FCバルセロナボールの支配を掌握しながら、R・マドリードのディフェンスミスが生み出した隙を見逃さなかった。開幕からわずか3分が経ったところで、リオネル・メッシ選手が火蓋を切る。まもなくして追い討ちをかけるが如く、7分にてイヴァン・ラキティッチ選手が追加点を決め、既に0-2へ。


ジダン監督率いるレアル・マドリードはこれに反応して、試合開始後15分、「銀河団」のマテオ・コバチッチ選手は反撃の1点を成し遂げる。前半が終わる前に攻撃的のマルコ・アセンシオ選手が両陣の得点を同点に持ち運ぶ。ハーフタイム挟んで、ジダン監督が4選手を替えたところで、対決はバルサの筋書き通りに進んで、ジェラール・ピケ選手は相手側の防御ミスをうまく利用して、勝利へ導くゴールを蹴り刻む。結局2-3の結果を残して優勝したFCバルセロナだが、ここからは陣内最大の悩みの種が動きを示すと思われる。それはさておき、こちらは試合のハイライト。気になる方はどうぞ:


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。