otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサのバルトメウ会長、オバマ元大統領と会見!

|

アメリカのバラク・オバマ元大統領は、FCバルセロナマンチェスター・ユナイテッド戦の一観客として、ワシントン郊外に位置する「FedEx Field Stadium」に来場した。ハーフタイム中、バルサのバルトメウ会長と10分ほどの間に、スタジアムのVIPボックス席にて短い会談を行った。



クラブの関係筋によると、FCバルセロナ在団、及びアメリカ中に点在する「バルサ・スクール」今後のプロジェクトなどについて話したという。なお、オバマ氏はゴルフとバスケットのファンだが、サッカーファンである二人の娘の影響で、最新ニュースにも詳しい模様。今回の会見は、アメリカの元在マドリード外交官、ジェイムズ・コストス氏の働きのおかげで可能となった。



一方、試合はアメリカ・ツアーの一環として、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)に参加した欧州強豪チームのエキシビションマッチの姿で行われ、ネイマール選手が決めた1点でバルサが優勝を掴む。次なる試合は7月29日(土)、しかも相手は因縁深きレアル・マドリード! 今回の特殊な「エル・クラシコ」は、フロリダ州・マイアミで開催される。なお、こちらは前述の対マンチェスター・U試合のハイライト



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。