otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 失業者は2008年末以来、400万人を下回る

|

7月27日、スペイン国立統計研究所から発表された最新の三半期労働力調査(EPA)によると、本年度の第2三半期にはスペインの失業者は3,914,300人となり、失業率は17.22%まで下がる。なお、2008年末以来、400万人の壁をはじめて下回る。

Grafico2

*元グラフはLa Vanguardiaから

しかしながら、こういうポジティブな数値は季節によって大きく左右するサービス業に集中されている。これにより一時的労働者率は27%弱まで上昇する。一方、公務は停滞のままで、一年間でわずか0.3%上昇

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。