otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「更新」ジョコビッチ選手 シーズンを断念し、2018年まで休養

|

数日前、セルビアの「Sportski zurnal」スポーツ紙がノバク・ジョコビッチ選手(Novak Djokovic、30)の1年半以上にわたる右肘の怪我により、少なくとも6週間も練習できない状態にいると報道したが、7月26日、選手自身が自撮りビデオで発表した。



*氏の言葉によると、ウィンブルドン大会で痛みが一段と悪化した。1年以上の間、専門家に相談したが、こういう状態に即効の救済はなく休養時間が必要。コーチのアガシとも相談して、彼が選択に賛成した

シングルス世界ランキング4位のセルビア選手は全米オープン、アジア遠征(別称アジアンスイング)やデビスカップ対フランス準決勝を含む2017年のATPシーズンを悔しくも断念する。全回復を目指すノバクは2018年に向けて、満を持して限界まで追い込まれた右肘と体を必要な休養を与える。


2005年全豪オープングランドスラムデビュー以来、ジョコビッチは連続51回も国際大会に参加したが、2018年戻ってくる時には、10年以上キープし続けたランキング上位から抜ける

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。