otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

強豪マレー、ジョコビッチ、フェデラー。ウィンブルドン準々決勝試合の経緯

|

シングルズ世界ランキング1位の アンディ・マレー(30)現ウィンブルドン覇者は、ランキング28位アメリカ出身のサム・クエリー(29)との準々決勝試合で敗られる。今回は9度目の対面であり、マレー氏から見ると、7勝1敗となっている。



クエリー氏は3-6、6-4、6-7、6-1、6-1の結果で大金星をあげる。なお、2009年以来、グランドスラム準決勝にたどり着く初のアメリカ人。


一方、セルビアのノバク・ジョコビッチ(30)対とチェコのトーマシュ・ベルディヒ(31)試合では、前者が7-6、2-0で負けていたところ、右肘の怪我によりリタイアする。ウィンブルドン大会で3回も栄光を得たジョコビッチは更に、世界ランキング1位の座を奪い取るチャンスも見逃した。同じく敗戦したアンディ・マレーがトップの立場を後1週間キープできる。



最後に、本大会の優勝候補、スイスのロジャー・フェデラー(35)に関しては、2時間1分のかかった試合の末、6-4、6-2、7-6の結果でミロス・ラオニッチ(26)を打ち破り、準決勝まで進出。マッチポイントはこちら:



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。