otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン・ワーキングホリデービザの申請手続きが解禁!

|

7月からは、 ワーキング・ホリデービザに申請したい希望者は、在京スペイン大使館領事部にて手続きをはじめられる。こちらのビザでは、入国の日から最長一年間、スペインでの滞在が許可される。しかし名前通り、主目的はあくまでも休暇を過ごすとなっているので、就労に関しては必要な限りにおいて認められる


制度の開始を機に,両国の青少年の交流や相互理解が促され, 両国の友好関係が一層深まることが期待される。スペインは,日本がワーキング・ホリデー制度を導入する18番目の国になる。


スペイン側において、 在スペイン日本大使館は日本への興味を惹かせるため、次のPRビデオを作成した:



申請したい日本国民には、次の条件を満たす必要がある:


日本国籍を所有し、かつ日本在住である

・査証申請時に 18歳以上、30歳以下である

被扶養者の同伴はなし

有効なパスポートを所持すること

帰国のための切符、またはそのための充分な資金がある

・スペイン滞在には 当初3ヶ月間に生計を維持するための、月ごと最低532.51ユーロが必要。合計で1,597.53ユーロ相当の資金を所持すること(3ヶ月合計で最低1597.53ユーロ。日本円で約204,596円。(1ユーロ128円計算)

・健康であることを示す 医療診断書が確認できる

犯罪経歴を有しない申告ができる

・滞在終了時にスペイン出国し、かつ、滞在中に 在留資格の変更をしないこと

・過去にスペインワーキングホリデービザを発行していないこと

・スペインに入国後は1ヶ月以内に住む 市町村で住民届け(EMPADRONAMIENTO)を提出

更に詳しい情報には、 駐日スペイン大使館の公式サイトを是非、参考にしてください。ちなみに、そちらは上記条件を説明するビデオも作っている:



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。