otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

日本制作アニメ100周年を記念に、「バルセロナのコミケ」が展示会開催予定!

|

今年は日本アニメ100周年を記念に、バルセロナのフィラ・デ・モンジュイックで行われる第23回サロン・デル・マンガコミケットの様なアニメ・漫画フェスティバル)では、大規模な展示会を催す予定。イベント開催側の情報によると、展示会は11月1日から5日まで入場できるとし、マジンガーZなどロボットアニメの金字塔をはじめ、北斗の拳ドラゴンボールエヴァンゲリオン、スペインでも大ブームになった作品を振り返る。


1917年、はじめて日本制作のアニメ映画が国内の劇場で上映される。当時の雑誌、「キネマ・レコード」によると、最初の作品は1月に上映されたと見られるが、名前すらも不明のまま。翌月は下川凹天(しもかわ・へこてん)作の「凸坊新畫帖 名案の失敗」と「芋川椋三玄関番の巻」が同誌に記載されているが、こちらのフィルムの現存は確認されていない。一方、幸内純一(こううち・じゅんいち)作の塙凹内名刀之巻が現存する上に、Youtubeにもアップロードされている!是非、ご覧ください:



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。