otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ地下鉄ストライキ 第9目の月曜日に入る

|

本日7月3日はバルセロナ市民にとって 市営地下鉄ストライキ第9目の月曜日となっている。メトロ運転手組合が労働条件を改善するため、バルセロナ公共交通公団 (TMB)と交渉を続けている。


Metrobcn
*バルセロナ地下鉄4号線の駅


同組合は9月11日行われるカタルーニャ国民の日(ディアダ)と一年に最も重要な祭り、9月24日の「メルセ祭り」、並び、FCバルセロナが欧州チャンピオンズリーグ試合のある日にも、ストライキを呼びかけている。この判断は組合とTMBの間、仲介者として参加した州政府付属の労働局が提案した条件の失敗の後。


業務低下は相変わらず、時間帯ごとに別けられている:

- 朝7時から9時までは、約10分ごとにメトロ車両1台が到着する頻度。

- 16時から18時までは、約15分かかる。

- 20:30から22:30まで、車両1台は30分ごとに到着する頻度。


バルセロナのアダ・コラウ市長によると、ストライキは4月24日に始まってから、総切符利用数140万件も下がり、強化警備の費用などと合わせて、54万6000ユーロの収入が減少しているという。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。