otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

今年5回目になるスペインのタクシー運転手組合によるストライキ 記者とのアクシデントも

|

今年5回目になるタクシー運転手組合によるストライキは6月29日の朝6時から翌日6時まで、24時間にかける業務停止を意味する。組合はヨーロッパやアメリカで人気を博すドライバー・乗客探しアプリUberとCabifyに猛反発している。エル・プラット空港第1・第2ターミナルではタクシー1台も利用できなく、こんな影響を受けた方々は別の交通方法を使うしかない。バルセロナ中心区まで直接繋がるAerobus(エアロバス)停では大きいスーツケース持参の観光客が集まる様子を示された。 サンツ駅でも長蛇列が発生され、観光客の流れは地下鉄とバスのキャパシティに負担をかける。


運転手たちはバルセロナの中心からサン・ジャウマ広場まで進行し、カタルーニャ州政府の庁舎前に集まった。しかし、過激的として知られる彼らは、途中に現場で報道する記者とのもみ合いも確認できた。こちらはAntena3局の記者が生中継でストライキ参加者に絡まれ、警察の助力で近くのビルへ避難するビデオ:





タクシー運転手組合は政府に求めるのは、交通法の尊重、及びCabifyのドライバーが使う運転手付きレンタカーライセンス(VTC)の配布制限。「我々の目的はバルセロナの公共交通サービスを守ること。そうでもしないとUberやCabifyはロンドンでやった様に、いち早く料金の値上げにとりかかる」とタクシー・クンパインス組合のジュアン・バレーラ代表が訴える。 


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。