otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ副会長 「R・マドリードはC・ロナウドの被告席に座る写真公表を避けたい」

|

FCバルセロナカルラス・ビラルビ(Carles Vilarrubi)副会長はラジオインタビューで、レアル・マドリードの目的は1470万ユーロの脱税罪容疑が掛かっているクリスティアーノ・ロナウド選手の被告席に座る写真を避けたいという。


Carles vilarrubi

*写真はDanny Caminal氏による


奇しくも、同罪で起訴され、被告人として出頭したリオネル・メッシ選手は、科された21ヶ月間の禁錮刑25万ユーロの罰金に交換するという弁護側の申請を、スペイン検察局が許可を下した。バルサ副会長は更に、この展開がロナウド選手の訴訟に関連していると示唆する。


Messi 1

*被告席に座るメッシ選手と父親・ホルヘ・メッシ。写真はElPolitico紙から


最後に、副会長は「我々はメッシの件を無罪の推定で望むと同じように、ロナウドの件もまず無罪と見ている。しかし、マドリード市のメディアから、メッシのことをまるでマフィアの首領と非難した代わりに、今度は財務省がロナウドに対する推定無罪を呼びかけている。両方への扱いは全然違う」と悔やむ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。