otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン検察局 次なる容疑者は元レアル・マドリード監督のジョゼ・モウリーニョ氏

|

スペイン検察局の次なる容疑者は、マンチェスター・ユナイテッド現監督ジョゼ・モウリーニョ氏となった。2011・2012年にレアル・マドリード監督だった時期、納税義務違反の容疑で訴訟を提起した。


Mourinho2*写真はABC紙から

マドリード地方検察庁は、ポルトガル出身の監督 が「肖像権からの収入を隠匿する目的で」シェル企業のネットワークを利用したと指摘している。 詳しくいうと、2011年の際に161万ユーロ、2012年の際に169万ユーロ合計330万ユーロ(約4億1千万円)を滞納したと主張。


なお、2014年7月の際、税務局は既にモウリーニョ氏宛の通達で、2010・12年度の納税状況を調べると伝達した。これに対し翌年の2015年、監督は肖像権による収入の一部を納入しなかったことを認め114万ユーロ(約1億4千万円)の罰金に承諾したが、シェル企業の新しい発見により、税務局は改めて当時滞納した額を要求している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。