otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン女子サッカー女王杯決勝戦 バルサが4-1で対アトレティコに優勝!

|

Barsafemenino

6月18日、遅延も検討された猛暑中のマドリード市で、コパ・デ・ラ・レイナ(女王杯)のFCバルセロナアトレティコ・デ・マドリード決勝戦試合が開催された。Xavi Llorens監督(チャビ・ユレンス)率いるカタルーニャチームは試合開始数分の間、勢い良くプレイし、ボールを支配する。アトレティコには、前半32分でペナルティキックのチャンスが到来するがゴールの右上を乗り越えて、ミスで終わる。
先制点はバルサ選手であるジェニフェル・エルモソ40分に決めて、1-0の結果で前半が終わる。

・後半が始まって間もなく、48分同選手が一人でエリア内に侵入し、左足でみごと追加点を成し遂げる(2-0)。
・事ここに至っては、アトレティコソニア・ベルムデス選手が57分にエリアの境界線からシュートを試み成功、初めて自陣に得点する(2-1)。

・アトレティコの防御ミスのせいで、69分にアレクシア・プテジャス選手がチャンスを逃さず、一人でゴールを決める(3-1)。

・決着をつけたのは、83分にエリア内の混雑した状態でアイタナ・ボンマティがボールを奪いとってからのシュート(4-1

クラブのTwitterアカウントで、試合のハイライトが観れる:



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。