otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン税務局 R・マドリードとF・ペレス会長の税務調査を一段と厳密化に

|

欧州チャンピオンレアル・マドリード在籍中のクリスティアーノ・ロナウド選手に1400万ユーロの脱税罪疑惑がかかってから、クラブ側が選手に対する全面的な信頼を置く公式声明を出すことで、スペイン税務局によると納税義務の重要性を貶めていると言う。


Florentino perez 1

*2000ー2006年、並び2009年ー現在までレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長(70)


Confidencial Digital紙の情報では、税務局はこれからクラブの動きを注意深く監査するという。同局関係者は、「フロレンティーノ・ペレス会長とレアル・マドリード自体は過大反応を示した。ロナウド選手には税務局に対する納税義務違反4件も存在し、検察局からも起訴された。どれも精密な検査の上で行われた。世界中で人気を博すR・マドリードの行動は無視できない影響力を持ち、この様な発表はファンに悪影響を及ぼす可能性が高い。スペインには汚職問題が多いが一政治家は世界規模のサッカークラブの影響力には及ばない」と感想を述べる。


Ronaldoportugal

*写真はGetty Imagesから


一方、クリスティアーノ・ロナウド選手は現在、ロシアで開催するFIFAコンフェデレーションズカップを競い合うため、カザン市サッカーポルトガル代表と集合している。

レアル・マドリードのC・ロナウド選手、離籍の意思が堅い クラブは脱税容疑を弁護
R・マドリードのC・ロナウド選手 1470万ユーロの脱税罪でスペイン検察当局に起訴される

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。