otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レアル・マドリードのC・ロナウド選手、離籍の意思が堅い クラブは脱税容疑を弁護

|

ポルトガルのスポーツ紙、日刊ア・ボラ紙(A Bola)によると、レアル・マドリードのスター、クリスティアーノ・ロナウド選手がスペインを出て、クラブを離籍したいと決断して、既にフロレンティーノ・ペレス会長に伝えた。更に、選択の決定的な要因となったのは、スペイン検察局が彼に1470万ユーロ脱税罪の容疑をかけてからのメディア反発との様子。


Ronaldo2

*写真はEFEのMariscal氏から

同紙は先週、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンFC、並びASモナコがマドリードのフォワードを獲得するため1億8000万ユーロまでを支払う覚悟でいると発表した。なお、現欧州チャンピオンであるR・マドリードのロナウド選手にかかっている契約解除条項FCバルセロナ在籍メッシ選手4億ユーロをも超える10億ユーロ(約1240億円)にまで達する。


水曜日、クラブ側は公式声明で選手に対する全面的な信頼を置いていると発表する。公式サイトにて日本語で読める。

R・マドリードのC・ロナウド選手 1470万ユーロの脱税罪でスペイン検察当局に起訴される

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。