otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード 来週のワールド・プライドに向けて、ホテル予約が殺到!

|

6月23日から7月2日の間、マドリードが世界で最も重要なLGBTフェスティバルを催す。その名はワールド・プライド。イベントの9日間2百万人以上がスペイン首都を訪れる予想。その影響で市内のどのホテルも満室状態になると見られ、宿泊料の高騰により、場合によっては一室の値段が通常の5倍になるケースも確認できる。


Madridworldpride*こちらがイベントの公式サイト、及びTwitterアカウント

マドリード市役所の情報によると、市内に存在するホテル・ルームはたったの83,300室。ほとんどの来客には対策を講じる必要がでてくる。なお、宿泊不足の問題は州内に留まらず、約75キロ離れているトレドでついに一室が空いているかどうかの現状。


Gaypride 1
*写真はATLASのJaime Villanueva氏から 

一例を出すと、グラナダから来るマリオ・アントン氏(37)。今度のワールド・プライドは6回目になり、彼は「3ヶ月前から友達と宿泊先を探し始めたけど、あまりにも高い宿泊料に加えて場所もなかなか決められなかった。でも今はもうどこも満室!」と悔む。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。