otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

赤土の王者 ラファエル・ナダル、全仏オープン優勝で第10回目のグランドスラム獲得!

|

スペイン出身ラファエル・ナダル選手(31)が6月11日、全仏オープン・シングルスの決勝戦にて、スタン・バブリンカ選手(32)を2時間5分をもって6-2、6-3、6-1で破り、第10回目のフランス・グランドスラムの優勝を得る。この偉業はテニス史上初の例である。


Nadalgarros

*写真はAPのCristophe Ena氏から


試合はたった35ゲームで終わり、イベントの最少記録である1978年、ビョルン・ボルグ選手による27ゲームには及ばないものの自己ベストだった2008年の41ゲームを更新する

赤土の王者として知られるナダルは、2015年のチャンピオン、そして本日の相手だったスイスのスタン・バブリンカをも破り、31歳のラファが2005年に遡る初の全仏オープン優勝の獰猛性が健在の様子。合計グランドスラム15杯を獲得した選手がピート・サンプラスの14杯を超えロジャー・フェデラーの18杯まで後3杯で届く。なお、世界ランキング4位から2位まで上る。試合のハイライトはこちらで観れます(Youtubeに移転されます)。一方、以下のビデオでナダルの全仏オープンに留まらず、全グランドスラムのチャンピオンシップポイントがご覧できます:




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。