otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

日本看護協会の看護教員らがバルセロナ代表病院の施設を訪問

|

日本看護協会(JNA)はShareBarcelonaが考案したスケジュールに基づいて、バルセロナの医療機関の代表としてサン・パウ病院サン・ジュアン・ダ・デウ病院で会見、及び施設の見学目的で訪れた。


サン・パウ病院では、看護師管理部のラウラ・ロペス氏が病院の構造、看護チームの経営や専門分野の就任に必要な条件や資格など詳しく説明した。続いては病院内の診療科目外来クリニックの施設をも案内した。


Jna1a*サン・パウ病院にて


一方、サン・ジュアン・ダ・デウ病院では、医師のセルジ・ナバーロ氏とアントニ・アリアス氏、腫瘍内科のアルムデナ・ペレス氏とアンナ・ネーグラ氏の案内で、癌を患う児童たちが診断から入院までの過程を説明される。過程中、栄養・リハビリ・歯科・眼科・皮膚科の必要性が特定されるという。最後に、腫瘍内科や救急救命室を含む施設を見学した。 

Jna2a*サン・ジュアン・ダ・デウ病院の会議


日本看護協会は保健師・助産師・看護師・准看護師の看護職能団体である。2013年度の会員数は約68万人で、看護職の組織率は約5割と言われる。下部組織として、47の都道府県にそれぞの看護協会を持つ。バルセロナを訪問したのは広島大学から看護教員10人

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。