otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

全仏オープン ナダル選手が完勝一歩手前で、ベスト16に進む

|

クレイコート上・5セットの記念すべき 第100試合では、ラファエル・ナダル選手1時間半で6-0、6-1、6-0という圧倒的な結果で世界ランキング63位、ジョージア出身のニコロズ・バシラシビリ選手を打ち破る。


Nadal01

*写真はGettyのClive Brunskillから


同条件で 左利きのナダルを倒せたのはたった二人だけ。スウェーデンのロビン・セーデリング(2009年)とセルビアのノバク・ジョコビッチ(2015年)、どちらも全仏オープンにて。しかし、今回のバシラシビリ選手は勝利とは程遠かった。具体的に言うと、全仏オープン13回参加の中、ナダル選手がゲームを1つだけを譲るのは初めてな例である。以前のベスト記録は2012年にて、フアン・モナコ選手にゲーム2つを譲る(6-2、6-0、6-0)。

しかし、本日の圧勝にも関わらず、ラファエル・ナダル選手は 記録を大して気にせず、「今重要なのはベスト16にいる事実。今日はミスの少ない、相手にチャンスを与えない良いプレイを示した。最近の試合の中でも個人的のトップレベルに近い」と述べた。次の相手は同じくスペイン出身のロベルト・バウティスタ選手。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。