otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

全仏オープン アルマグロ選手 左膝の怪我による感情的なリタイア

|

ニコラス・アルマグロ(31)選手は全仏オープン第2回戦の対デル・ポトロ(28)試合中、左膝の怪我により、リタイアせざるを得なかった。同じ怪我のせいで、イタリア国際で対ラファエル・ナダルの試合にも退場した






スペイン、ムルシア出身の選手は第3セットの冒頭で、デル・ポトロ選手のサーブに反応できず、あまりの無念さに泣き出しはじめ、地面に倒れる。コートのマイクは選手の号泣を感知した。アルゼンチン出身の相手も左手首の怪我により、3年間も悩まされたキャリアを持ち、彼に近づいて慰めてみた

Twitterアカウントで「早い回復を願っている、ニコ。今考えていることを痛感できるほどわかる。がんばれ」と共感のメッセージを残す。更に記者会見で、デル・ポトロ氏は「私にとって負傷した涙を流す友人の姿を見るのはとても心苦しい。彼に伝えたのは、こういう時はテニスが二の次で、今重要なのは優しい家族の支えでリハビリを過ごす。彼の悲しみには痛いほど共感できる。彼はすごい奴で、優れた選手でもある、スキルはなくならない」と述べた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。