otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相 「グルテル汚職問題に関する証言は法廷にて」と裁判所は判決

|

スペインの高等裁判所、全国管区裁判所マリアノ・ラホイ首相本人が、グルテル汚職問題の証人として7月26日に法廷に出頭しなければならないと判決した。スペイン指導者の率いるの国民党(PP)が以前、首相官邸からビデオカンファレンスで証言できる様申請した。

Rajoy3
マリアノ・ラホイ氏は首相としてではなく、一市民として召喚される

*写真はCarles Ribasから

ビデオカンファレンスで行いたい理由として「大層な公共資金の浪費」を含むが、全国管区裁判所が首相官邸から18キロほどしか離れていないと見て却下。さらに、法廷での安全性が十分に高くないという主張も却下。 裁判官は「高等裁判所の安全保障は、マドリード地域の会社本部や他公共機関で実施されている警備よりも厳しい」と指摘する。最後に、首相としての忙しいスケジュールに関しては裁判所が疑わなかったが、「彼の出頭を妨げるものではない」と判決した。

なお、スペイン歴史上現職首相が裁判事件で証人として召喚されるのは、初めての事例である。




ラホイ首相 汚職問題の証言をビデオカンファレンスで行いたい

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。