otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ポデモスのイグレシアス党首 マドリードでデモ参加者からタマゴを投げられ、タクシー連合代表に直撃

|

Huevazo*写真はEmilia Gutierrezから

ポデモスパブロ・イグレシアス党首タクシー運転手連合の代表、フリオ・サンスはマドリードのネプチューン噴水近くで行われていたデモの参加者からタマゴを投げられ、後者の頭に直撃した。本件のデモは、スペイン中のタクシー運転手組合が5月30日、マドリードバルセロナなど大都市を中心にUberCabifyというドライバー・乗客探しアプリへの反対を呼びかけるストライキに呼応する。


マドリードでは、業務停止午前6時から午後6時まで、一方バルセロナでは水曜日の午前6時まで、つまり24時間停止に及ぶ。バレンシアなど他の都市では2時間ほどだった。



タクシー運転手組合 ストライキを呼びかける

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。