otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

インディ500 アロンソ終了20周前リタイア、佐藤琢磨が優勝!

|

5月28日、アメリカ・インディアナポリスにて開催された第101回インディ500F1業界を驚かせたフェルナンド・アロンソは誉れあるモナコGPを断念し、今年のインディに初めて参加してみた。本場の数日前、練習中に良い結果を見せ、飲み込みが早いアロンソが注目されていた。本日のレースでも良いペースを示したが完走20周前、エンジン問題により、惜しくもリタイアする。この際、サーキットの35万人以上の観衆が大きい声援を贈った


No title

*写真はUSA Todayから

一方、レースの終盤に脚光を浴びたのは佐藤琢磨氏とブラジル出身のエリオ・カストロネベス氏。後者は過去3回も本レースを制覇している。緊迫感あふれたデュエルの末、佐藤氏が優勝を掴み取り、インディ500史上初の日本人勝利という歴史的な記録を残す。


なお、コーナーを回りきれなかったジェイ・ハワードに先頭からはじまったスコット・ディクソンが突撃して相手の機体を浮上させ、壁に激しくぶつかるマシンの大部分を損壊させ、レッドフラグをも起こさせたアクシデントだが、ドライバーが自分からマシンを降り、無事とのこと。 こちらはその瞬間:


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。