otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

赤土の王者ナダル 全仏オープンで10回目のG・スラム優勝を目指す

|

今年、赤土の王者ことラファエル・ナダル選手は現シーズンの2つめのグランドスラム(4大大会)、全仏オープン(ローラン・ギャロス)の第10目のタイトル獲得を狙える。


これはテニス史上歴史的な記録を意味する。1968年4月からはじまったオープン時代ではグランドスラムタイトルを10回も制覇した選手は前代未聞の話である。しかし、2005~08年、及び2010~14年、合計9回のローラン・ギャロス杯を天に捧げたナダル氏が、この偉業の目前に佇んでいる。なお、スペイン出身モンテカルロ・マスターズ、並びバルセロナ・オープン両方10回目に杯を頂く。2週間前の5回目マドリード・オープンタイトルに合わせて、パリに向けて幸先が良い。


Nadal djokovic federer


全仏オープンの13回目の参加について、選手は「私はここで働いている子や運営側の多くの人と素晴らしい関係を持っているので、自宅にいる様な安心感を持っている。何年間もの知り合いだから、ここにくるたび再会できて嬉しい。彼らの気遣いに感謝の言葉しかない」と語る。

30歳のナダルは、ローラン・ギャロスで72勝-2敗の記録を誇る。2005年以来、タイトルを見逃したのはたったの3回。昨年では、第3ラウンドの対マルセル・グラノリェルス選手の試合前、左手首の負傷によりリタイアが余儀なくされた。


ラファエル・ナダルの全仏オープン記録:

2016・第3ラウンド、リタイア

2015・準々決勝、N・ジョコビッチに負ける

2014・優勝、N・ジョコビッチに勝つ

2013・優勝、D・フェレールに勝つ

2012・優勝、N・ジョコビッチに勝つ

2011・優勝、R・フェデラーに勝つ

2010・優勝、R・セーデリングに勝つ

2009・ベスト16、R・セーデリングに負ける

2008・優勝、R・フェデラーに勝つ

2007・優勝、R・フェデラーに勝つ

2006・優勝、R・フェデラーに勝つ

2005・優勝、M・プエルタに勝つ

ナダル、マドリード・オープンで快勝 第30目のATPマスターズ1000を制覇

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。