otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ空港のセキュリティ混雑対策 警官と設備を導入

|

エル・プラット空港には夏期が始まる前、警官144人が導入される。同空港のパスポートチェックを巡る混雑を解決すべく、スペイン中央政府は本日5月25日の朝、州政府と会見してから、エンリック・ミヨ代理が発表した。

Aeropuerto prat 1

*写真はEFEのMarta Perezから


なお、「ABC」マシン(Automated Border Clearance, 自動越境認可)と呼ばれる、パスポートや入国に必要な書類を確認できる機械をも合計80台を導入する予定。


Maquinas aeropuerto
*アメリカの空港に設置してある同類マシン


会見では中央・州両政府は他に、セキュリティチェックのより効率的な作業にするため、出国時に20-30分、入国時に40-45分の要時間を目指す。今週末に先述のABCマシン20台が届く見込みで、新しい設備の実績を狙いたい。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。