otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン登山者 26時間で麓からエベレスト登頂に成功

|

スペイン登山者、キリアン・ジョルネ氏はたった26時間エベレストの最速登頂記録を達成した。

ジョルネ氏は チベット側にあるベースキャンプからエベレストの北側に挑み、5月22日の早朝ごろ、頂上に着く。この偉業は単独・無酸素・固定ロープなしの厳しい条件下で成し遂げた。



ジョルネ氏は以前に、 モンブラン(4,810 m:2013年)・マッターホルン(4,478m:2013年)・マッキンリー(6,186m:2014年)・アコンカグア(6,962m:2014年)にも登頂記録を更新した登山界の猛者。29歳の彼だが、実は往復トリップの記録更新を狙っていたが、途中胃腸問題による体調不良のせいで、キャンプで休憩を取る選択に。


ジョルネ氏によると、「固定ロープなしで エベレスト登頂状況揃わないとなかなかできるものではない。終盤にとりかかったところ、壮絶な日暮れを見ることができ、真夜中に頂上についた。7700メートルまで予定通り順調なペースで進んでいったが、その時から胃腸が痛くなりに伴って、足も鈍くなった。小休憩を取る必要が出てきた」。

こちらのビデオでは、ノルウェーに拠点を置くキリアンが「ロムスダレン七峠」、標高差9000メートル距離77キロも及ぶルートをスキー&ランニングで一日をもって達成する試み。英語字幕なのだが、素晴らしい絶景が楽しめる:



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。