otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルサ ルイス・エンリケ監督に送別会を贈る

|

FCバルセロナルイス・エンリケ監督カンプ・ノウベンチから指揮を取ったのは、5月21日をもって最後。行われた送別会の観衆は質素なオマージュを送った。スタジアム北側に、大きいティフォが敷かれ、カタルーニャ語で「Per sempre, un dels nostres」(永遠に、仲間の一人)のメッセージを表した。


Luis enrique

これ以外、クラブはスタジアムの外に立て札を設置し、会員やファンのみんなはアストゥリアス出身の監督へのメッセージを書き残すことができた。なお、SNSでクラブは#foreverluchoのタグを使って、この3年間感謝の意を込めたみんなの思いを伝えている。




対エイバル戦では、選手たちは1992年ウェンブリーでバルサが獲得した初のチャンピオンズリーグ杯の25周年記念に向けて、特別なユニフォーム・シャツを着ていた。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。