otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

レアル・マドリード 5年ぶりのリーガタイトルを奪還

|

5月21日、マラガでR・マドリードは2012年からのリーガタイトルを獲得した。前回は ジョゼ・モウリーニョ監督がチームを率いた。



試合 開始直後、シーズン終盤に絶好な状態で活躍しているC・ロナウド選手はゴールを決め、早くも場面の緊張感を緩めた。とは言え、マラガも諦めずにいくつものチャンスを作っていったものの、マドリードのGKであるケイラー・ナバス選手は見事なブロック2つで、チームの有利な立場を保守できた。試合後半のカリム・ベンゼマ選手(FW)の決定的なゴールで、0-2の結果をもたらした勝利により得られる3ポイントを確保し、ジダン監督のチームがバルサからタイトルを取り戻す。


Embed from Getty Images




一方、 FCバルセロナは、対SDエイバル戦の前半では手こずったが、結局4-2で倒した。ランキングのトップを狙えるには手遅れだった。エイバルのゴール両方も、乾貴士(いぬい・たかし)選手によるものだった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。