otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相 汚職問題の証言をビデオカンファレンスで行いたい

|

Rajoy moncloa
マリアノ・ラホイ首相
グルテル事件汚職問題の証人として召喚された件について、証言をビデオカンファレンスで行いたいと裁判所に通達した。Europa Pressによると、首相は自身の日程を確認してから、7月26日か27日が適切と言っている。なお、本人の出頭ではなく、首相官邸からビデオカンファレンスで証言する様、という申請は今月10日、被告側であるPP(国民党)の方からも頼まれた。この判断に対し、隠れずに一市民と同じように出頭するべきなど、野党側は激しく批判している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。