otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナのエル・プラット空港で長蛇の列が発生 問題は警官の人手不足か

|

バルセロナエル・プラット空港で対テロにおける強化されたセキュリティ対策の実施により、ここ数週間前からパスポートチェックの順番を待つ観光客が長蛇の列を作り、3時間も待たなければならない状況が生まれている。最近の混雑状態は街のブランドイメージを汚していると現地ホテル同盟の代表が言う。


SNSや欧州のメディアは、バルセロナ空港で起きている遅延を広く報じている。4月中にシェンゲン圏内から来る観光客のパスポートチェックを含む導入された新しいセキュリティ対策のせいで、多くの乗客が飛行機に乗り遅れ、いくつかの国際航空会社もまた、スペイン空港管理局である「AENA」に苦情を申し立てている

Aeropuerto prat

問題の中心
には、パスポートチェックを行う警察官の人手不足。しかし、スペイン国立警察局はバルセロナに派遣できる警官は少なく、しばらくの間は遅延が続く見込み。

バルセロナを拠点の一つとする国際航空会社も、旅行者数が大幅に増加する夏期の遅延について懸念の色を隠せない。 一部の航空会社は、旅券管理に時間の余裕を持って来るようにと、電子メールなどで乗客に通知をし始めている

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。