otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ナダル イタリア国際で相手の怪我により次ラウンドへ

|

ラファエル・ナダル選手の今年イタリア国際デビューは一瞬で終わった。世界ランキング73位の相手、ニコラス・アルマグロ選手は、あるスイングを境に左足の関節に激しい痛みが走り、4ゲームの途中に降参した。これを見たナダル自身は、同じスペイン出身のアルマグロの様子が気になり、医師に診てもらう様にベンチまで同行した。その時、既に3-0の結果で有利な立場にいた。

Nadal almagro 1
*写真はEFEのSergio Barrenechea氏から

アルマグロ選手はATPの医師に怪我を診てもらい、プレイの続行はできないと判断され、退場。これによりナダル選手は次ラウンドに進み、18日にアメリカのジャック・ソック選手と対面する。




一方ダビド・フェレール選手は、錦織圭選手を前に敗北。先週、マドリード・オープンで右手首の痛みにより棄権した錦織は本日のプレイで不安を感じさせなかった。今回の結果は7-5、6-2にて終わった。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。