otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインGPの覇者、ハミルトンがアロンソの状況を残念がる

|

二人ともF1の歴史に残るであろうトップドライバー。勝利を望むにふさわしい二人だが、そうできるのはたった一人ルイス・ハミルトンフェルナンド・アロンソはまるで真逆の状況を体験している。イギリス出身の前者は、ホンダのエンジントラブルにより、マクラーレンで苛立ちを溜めるアロンソの状況を残念がる。


Hamilton alonso

*写真はAFPのSaeed Khanから


ハミルトン氏によると、「F1は実に特殊なスポーツだ。いくら準備を整えても、身体能力を高めても、才能があっても必ずしも結果に反映させるとは限らない。遺憾でしかたないが、こういう面は僕にも気に入らない。ドライバーにとってまるでチェスのゲームをやらせた感覚、自分の取った選択一つ一つは決定的になり得る。最適の時に最適の場所にいるという運の要素は否定できない」。ハミルトン氏の発言では、アロンソが間違った選択を取った旨は伺える。彼もマクラーレンからメルセデスへのリスキーな移籍で経験者として語る。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。