otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

国際的サイバーテロ スペイン企業も被害を

|

Telefonica

スペインのインターネットプロバイダ「Telefonica」のマドリード本部はサイバー攻撃を受け、会社のコンピュータネットワークに広がった。被害を広めたウィルスは「Ransomware」(身代金プログラム)に分類され、コンピュータ内のファイルを暗号化し、利用できないようにする。更に、数台ではビットコイン(ネットマネー)の代わりに暗号化を解除するという脅迫的メッセージが表情されたが、これに応えて支払ったとしても、解除されつとは限らない。ウィルスの発生元は判明されていないが、中国が疑われている。スペイン国立情報局(CNI)によると、このウィルスは「WannaCry」の派生で、同ネットワークに繋がっている機体をも感染される


被害はスペインに留まっておらず、Vodafoneなど国外の企業にも同じ様な攻撃を受けている報告が確認されている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。