otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインオオヤマネコ「ムンド」 170キロの旅の末、愛を見つけるか

|

世界を意味する「ムンド」と呼ばれるスペインオオヤマネコ1匹はスペイン、アンダルシア州・ドニャーナからポルトガルのグアディアナ川から170キロを移動した理由より、専門家は両国のオオヤマネコ棲息地の行き来がうかがえると言う。LIFE+Iberlince企画のデータによると、ムンドはポルトガルの自然・森林保存研究所のチームに発見された。

Lince


トラッキングデバイスを付けていなかったムンド(オス)は野生でうまれ、今は2歳。2016年グアディアナの谷に導入された「マルバ」というメスのスペインオオヤマネコを見つけ、交尾したと見られる。マルバと子たちは一緒にグアディアナ川水辺に残り、観察されている。周りの痕跡からはオスのオオヤマネコが近くにいることがわかり、ムンドが子たちの親である可能性は非常に高い


スペインオオヤマネコは長距離を移動するのは珍しい現象ではない。2015年、保護飼育下で生まれたカーンとケンタロウ兄弟は野生に放たれ、数ヶ月の間で1500キロをも移動したことが確認された。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。